【製作実績】愛知の雑貨メーカー様 商品企画デザイン

ヘッダー

こんにちは。Maiine worksデザイナーの木下舞子(@maiineworks)です。

愛知にある雑貨メーカー様の商品開発で、イラスト製作とデザインを担当しました。

こちらはフリーランスになる前に社員として働いていたときのものですが、先日無事発売され売れ行きも好調とのことで嬉しい限り。

関わった部分が大きかったのでこれもスキルを知っていただくことにつながるかと思い、製作過程をブログにまとめておきます(ポートフォリオへの掲載許可ありがとうございます…!)。

商品ができるまで

企画

商品開発には大きく分けて何種類かあると思います。ざっくり分けてこんな感じ。

  • ①ユーザーニーズから新しいものを作り出す
  • ②違う市場ですでに流行っているものをローカライズする
  • ③すでにあるものを改良する

今回の②の方法で企画を進めました。

こちらの元商品のサンプルは中国工場の展示会にて見つけたもの。工場のブースのすみっこに置いてあるのを見つけたのがはじめでした。裏面にデザインとキラキラのスパンコールが入っているハンドミラーとヘアブラシ。とにかくかわいいいい!

  • ●アメリカの女児向けギフト(クリスマスギフトが多いそう)に人気で昨年から出荷数が伸びている。
  • ●日本でも主に春夏にグリッターが流行っている。
  • ●まだ日本では大きく展開されていない。

商材的にも四季の影響を受けにくい。日本向けにローカライズすれば売れると判断しました。

価格、生産ロット、生産工程、デザイン時の注意点などなど確認してその場でGOを決定。帰国後デザインを進めることに。(※北京語も広東語もしゃべれないので通訳していただいてます)

展示会の様子

毎年中国の広州市で行われる世界最大規模の工場展示会。こういうのがあと30部屋くらいあります。ここに行けば世界中で売られているものが見られてたのしい。

デザイン

日本向けのデザインにするにあたり、最初にどんなテイストにするかを決めておきます。

ターゲットは女子小中学生。instagramとファッション誌、実際の売り場、過去の売上実績から近年大人気の韓国系、ゆめかわ系の2テイストでいくことに。

他の韓国、ゆめかわ系商品の売上データから売れているモチーフとしてユニコーン、ハートをチョイス。新しい柄枠として最近レトロ感がかわいいと人気の高まっているグミベアを採用しました。

できたデザインがこちら。

デザイン

韓国系は今大流行中。売れ筋柄になるだろうと予想し、がっつり流行りを詰め込むことに。過去データから鉄板のハート、アパレルでよく使われているチェックと組み合わせ。

ユニコーンは「ゆめかわいい」の定番。小学生〜高校生まで広く好かれるモチーフですが今回の売れ筋枠は韓国系なので、大人っぽい枠にすることに。「海外デザイン」と呼ばれて人気のレタリングフォントと組み合わせ、ターゲット層の子達から見てちょっと大人なデザインにしています。

グミベアは年齢層低め向け。色味もカラフルにしてポップな印象に。ファンシーな見た目なので本体の色もデザインとのコントラストが映える組み合わせに。

無事発売&完売

工場さんにサンプルを作っていただいてこんな感じに。

商品写真

サンプル依頼、修正、サンプル…を繰り返した後いろいろな工程(本生産とか通関とか)を経て無事発売。全国の雑貨屋さんにて絶賛発売中です。

私が関わったのは作るところだけですが、生産、品質管理、貿易、営業、検品…とものすごくたくさんの人の手がかかって店頭にならび、消費者の方の手にわたるんだなーと思うと毎回感慨深いものがあります。
発売してすぐ完売だったそうでリピート販売中。うれしい。営業さんありがとう。

まとめ

自分が女なのでかわいいものを作るとなると感覚で作りそうになってしまいますが、過去データと日々のリサーチ結果をもとにデザインを決めていきます。売れて現金化しないことには利益が出ないので毎度緊張。無事売れてよかったー。

生産工場や展示会には何度も足を運び、生産工程の裏側も見させていただきました。デザインも気をつけて作れば、生産時の不良率を下げたり、輸送時の思わぬ破損を減らすことができます。

ただ素敵な見た目なだけじゃない、生産しやすいデザインを心がけています。商品開発やノベルティにお困りの方、お気軽にご相談くださいね。